メンズファッション基本

30代男のためのキレイめカジュアルメンズファッション

MENU

メンズファッションの基本について

メンズファッションの基本について、お話しましょう。

 

洋服の組み合わせを考えるのが苦手な方でも、メンズファッションの基本さえおさえておけば大丈夫です。

 

どんなおしゃれをしたらいいかわからない…という男性が多いのですが、みなさんおしゃれをむずかしく考えすぎているんですね。

 

実は、高価なものを着ることがおしゃれではありません。

 

世界的に有名なブランドに身を包んでいても、まったくセンスがないように見えるケースだってあります。

 

逆に、全身のコーディネートが1万円以下であっても、非常にかっこよく見せることだってできるんです。

 

メンズファッションの基本はまず、サイズのあった洋服を着るということです。

 

たとえ高価なものであっても、サイズが大きすぎたり小さすぎたりするのでは、絶対に決まりません。

 

あえて着崩すために合わないサイズを選ぶこともありますが、これはかなり上級のテクニックです。

 

モデルでもなければ成功しづらいので、メンズファッションの基本からははずれてしまいます。

 

普通に着こなすのであれば、身体にぴったり合うサイズを選ぶべきなのです。特に、肩幅、袖の長さ、ウエストサイズ、股下といったポイントはきっちり合わせなくてはいけません。

 

身体にぴったり合うサイズを来ていると、ボディラインがすっきりと見えます。

 

シンプルなコットンシャツにチノパンツを合わせるだけでも、ジャストサイズであれば気映えがします。

 

さらに素材の良いものを選べば、もっとかっこよく見せることも可能になります。

ファッションのメンズの場合の7つの基本を紹介します

ファッションの基本はサイズ選びですが、それ以外のメンズファッションの基本事項を紹介します。

 

これはサイズ選びに関わる内容ですが、シルエットが大切です。

 

自分に合ったサイズの服を着れば、ボディラインが出てシルエットを美しくすることができます。

 

また、体型によってはピッタリサイズの服をわざと避ける場合もあります。

 

シルエットを作るために上下細身にする着方だけではなく、どちらかをスリムにする方法やどちらかにボリュームを持たせる方法があります。

 

上をピッタリにしたらボトムスはダボッと着る方法、またはボトムスをスリムにしたら、上はジャケット等でボリュームを持たせる方法等です。

 

ジャストサイズが基本ですが、少しハイレベルに着こなす場合は、そういうシルエットの作り方もあります。

 

そして、色合いも大切です。

 

色の数が多すぎると派手なだけでお洒落にならない場合が多いです。

 

2色か3色が調度いいでしょう。

 

多くても4色以内に留めることをおすすめします。

 

モノトーン系の色は必ず入れておくのが合わせやすくおすすめです。

 

素材選びもまたファッションには重要です。

 

その時々のシーンに合わせた素材選びが要です。

 

また、シーズンに合わせた服装選びも基本の一つです。

 

季節に合わせて、素材や色も選んで、どんなスタイルにするかも決めて下さい。

 

冬に足を見せている女性は多いですが、女性なら兎も角、男性が冬に短パンはやっぱり変です。

 

以上、ファッションのメンズの場合の基本は、サイズ、シルエット、色、素材、シーズンと合せて5つです。

 

さらに、もう少し深めて考えてみましょう。カジュアル系とフォーマル系のバランスを取ることもファッションの基本です。

 

シーンによってどちらに偏るかを考える必要があります。

 

パーティーや何かの行事にはフォーマル寄りにすべきですし、アクティビティがある場合は、カジュアルにした方が良いでしょう。

 

コーディネートの基本は下からということも覚えておいて下さい。

 

まずはボトムスを軸に考えます。

 

当サイトで人気のセレクトショップはこちら!