メンズファッションシャツ

30代男のためのキレイめカジュアルメンズファッション

MENU

メンズファッションにおけるシャツ選びのポイント

シャツというものは、本来はインナーと同様に扱われるものです。

 

ですが現代ではビジネスシーンにおいてワイシャツの下に必ず肌着を着用することがマナーにもなっていて、本来とは少し用いられ方が変わっています。

 

このように時代によって同じアイテムが違った着用のされ方をするのですが、メンズファッションにおいてもそれは顕著です。

 

会社勤めの方などであれば毎日ワイシャツに袖を通しているもので、プライベートでもあまり着たいとは感じないものですが、実はコーディネートの幅がグッと広がるのがシャツの利点なのです。

 

アウターやジャケットと違い、シャツはバリエーションを多く持つことができるアイテムです。

 

基本的に連日着回しはしないものですから、複数所持することになります。

 

その上にジャケットを羽織っても、羽織らなくても、シャツの印象というものは相手に鮮烈に伝わることになります。

 

近年のメンズファッションでタックインしないということが基本ですし、タイトなパンツであれば物理的にそれができないということも多いですから、シャツの裾はボトムに入れないということを前提にアイテムを選択する必要があります。

 

さまざまな柄がありますから、どのようなものをチョイスしてもいいのですが、一番気にすべきなのはその「長さ」です。

 

裾が長すぎると、ジャケットやアウターからはみ出てしまうということが考えられます。

 

それはあまり好ましいことではないので、可能であれば短めの裾、腕を上げるとお腹が少し見えてしまうものを選択するのがポイントです。

 

当サイトで人気のセレクトショップはこちら!