ローファーサイズ選び方

ローファーの正しいサイズの選び方!

MENU

ローファーの正しいサイズの選び方!

足にあったサイズの革靴を履きましょうといわれても、いったいどの基準で選べば良いのか分からないかもしれません。

 

ローファーは比較的履きやすい革靴ですが、足に合っていないなら靴擦れを起こし易いですし、靴の型も崩れやすいデリケートさがあります。

 

よくローファーの甲にシワが寄ってしまっている人を見ると思いますが、あれはサイズが合っていない証拠です。

 

せっかくのオシャレアイテムですので、きちんとした選び方をしたいものです。

 

昔ならば、半サイズ程度は大き目のサイズにして、微調整を靴下ですれば問題ないとの考えをする方も多かったようです。

 

ですが、革靴は幅広の緩めのものを履いてしまうと、靴下の調整では長時間歩くと足が中で泳いでしまい、歩きにくくなってしまうのです。

 

そうすれば、先が靴の先端に当たり易くなって、指を傷めてしまう原因にもなります。

 

革靴のサイズ選びで重要なポイントは、爪先に1cm程の余裕を持たせることです。

 

そして指の上側は軽く当たる感じの圧迫感にします。

 

横幅は指先どうしが重ならない余裕を、それでいて親指と小指の付け根がしっかりとホールドされているサイズがベストです。

 

足の甲もフィットしたものを重視します。

 

長時間歩いても疲れにくい革靴は甲まわりのフィット感がある靴なのです。

 

そしてかかとは浮かないようにします。

 

履きならしているうちに靴底の返りが良くなってくるので、皮が擦れるくらいにサイズを詰めてはいけません。

 

購入時は足を入れて、かかとが浮きにくい物なら大丈夫です。

 

ローファーなどは比較的に履き慣れると皮が伸びてくるので、余裕がありすぎると歩きづらくなってしまいますので、きちんと合わせる事が大切です。

 

当サイトで人気のセレクトショップはこちら!