メンズファッションカーディガン

30代男のためのキレイめカジュアルメンズファッション

MENU

メンズファッションにおけるカーディガン選びのポイント

メンズファッションの中でのカーディガンは取り回しのいいアイテムとして、最近再評価されています。

 

インナーでもアウターでもなく、冬は室内でも、春先や秋口には屋外でアウターの替わりとして着用することができます。

 

仕事先でも自然に着用することができ、オフィスワークでスーツのジャケットにシワをつけたくない場合、上着を痛ませたくない場合の代用アイテムとしても好まれています。

 

ビジネスシーンでも、プライベートシーンでも、自然にさりげないオシャレを演出することができるのです。

 

そのような取り回しの良いカーディガンを選ぶ際に気にしたいことは、「少しキツ目のもの」をチョイスするということです。

 

カーディガンは伸縮性に富んだ生地でできていますから、多少サイズが小さめでも難なく着こなすことができます。

 

ただ、自分の体型に自信が無いという方は少しダボっとさせても様になります。

 

カラーはシンプルなものを選ぶのがポイントで、カーディガン自体が鮮やかである必要はありません。

 

ビジネスカジュアルなどのシーンではカーディガンはかなり定着しています。

 

各企業が進める「ウォームビズ」はもはや職場でのスタンダードスタイルを変えたといってもいいでしょう。

 

上着を着用せずにワイシャツの上にカーディガン、そしてアウターで出勤する方もかなり増えてきました。

 

肩が自由なカーディガンをジャケット代わりにすることで、その外側のアウターをスリムなものにすることができるからです。

サイズが重要!カーディガンの選び方

メンズアイテムの中でも、カーディガンは使い回しが利く便利なアイテムです。

 

少しカッチリとしたスタイリングからカジュアルまで、様々なコーデに合わせられます。

 

しかし、ひとたびサイズを間違えしまうと、全体のシルエットが崩れ、スタイリングが台無しになってしまうおそれもあります。

 

しっかり選び方を覚え、自分に適したサイズを把握する必要があるでしょう。

 

ただ、カーディガンのサイズはブランドによって異なります。

 

例えば同じMサイズでも、あるブランドは非常にタイトなシルエットに対し、別のブランドは脇下とウエストに余裕を持たせるなど、テイストに応じて選び方が違うのです。

 

試着するのが望ましいですが、通販などで試着が難しい場合、見るべきポイントはシルエットと丈の長さ、ウエスト、そしてデザインの3つに絞られます。

 

まず見るべきポイントはカーディガンの丈の長さです。

 

きれい目を意識する場合、ウエストとほぼ同じ丈が望ましいでしょう。

 

少し丈が長いとルーズなコーデになりますが、少し着崩したい場合は長めのものを選ぶことが大切です。

 

サイズとウエストはブランドにより異なります。

 

そのブランドが元々タイトな作りになっている場合、普段着ているサイズと同じサイズを選びましょう。

 

やや大きめに作っているのであれば、逆に1サイズ下のもの(普段がMならS)を選ぶのが無難です。

 

購入時は必ずウエストサイズをチェックし、ルーズになりすぎないよう注意しましょう。

 

カーディガンのデザインは無地から柄物まで、数え切れないほどバリエーションがあります。

 

使いやすさでは無地ですが、インナーやボトムにも無地のアイテムを合わせる場合、シンプルになスタイリングになります。

 

逆にインナーやボトムに柄物を合わせるなら無地を、そうでなければ柄物が候補になるでしょう。

 

ただし、柄によってテイストは様変わりするので注意が必要です。

 

アクセントにする場合でも、千鳥格子やタータンチェックなど、他のアイテムと組み合わせやすい柄が良いでしょう。

 

当サイトで人気のセレクトショップはこちら!