メンズファッション帽子

30代男のためのキレイめカジュアルメンズファッション

MENU

メンズファッションにおけるシーンに合わせた帽子選び

 メンズファッションでは帽子は特に重宝されるアイテムです。

 

 どうしても社会人になってしまうと髪型の自由というものがききません。

 

 オシャレにスタイリングしてみても、長さを伸ばすことはできませんし、カラーも限定的です。

 

 休暇のときなどには思い切った髪型にしたくても、絶対的に長さが足りない髪を自在にスタイリングするのは限界があります。

 

 そのようなときに帽子は仕事のときとは違った自分を演出するための良いアイテムになります。

 

 価格的にもそんなに高くないファッション帽子は、複数所有してもいいアイテムです。

 

 季節によって使い分けるのがポイントで、春や夏であればキャップタイプのものやハット、さらには薄手のニットなどもおすすめです。

 

 秋から冬にかけては厚手のニットがよいでしょう。

 

 寒気は頭皮にも良くないですから、頭皮ケアがリアルになってくる年代の方は、特に頭部を寒さから守った方がいいので気を付けましょう。

 

 シーンにおいて使い分けたい帽子ですが、日差しの強い時などはダーク系の濃い色は逆効果になってしまう場合があります。

 

 首から下のコーディネートとあえて違った色にするということもおすすめです。

 

 その時々によって使い分けたい帽子ですから、自身のスタイルに応じて柔軟に対応できるスタンダードなものと、少し尖ったデザインのものをいくつか用意しておけば、ファッションにバリエーションが生まれるというものです。

 

 頭のサイズよりも少し大きめのものを選ぶのがポイントです。

一段上のスタイリングを目指せるメンズの帽子の選び方

帽子はメンズファッションのアクセントになるアイテムです。

 

しかし、人によって似合うタイプの帽子は異なることから、普段のファッションに取り入れる方は意外と少なくなっています。

 

組み合わせるのも難しいと考えられますが、選び方を間違えなければ、自分に似合うものが見つかりますし、普段のスタイリングに合わせられます。

 

ワンランク上のファッションを目指すなら、積極的に活用していきましょう。

 

まず押さえておきたいのは、帽子に使われている素材です。

 

素材によって雰囲気は大きく変わるため、一歩間違えると、全体のスタイリングを駄目にしてしまうこともあります。

 

定番素材はニット(サマーニット)やフェルト、キャンバスなどですが、季節によっては麻素材の帽子も出回ります。

 

時期に応じて、帽子の素材を変えることが大切です。

 

春ならサマーニットやキャンバス、フェルト、夏はキャンバスや麻、秋と冬はニット、フェルトが季節感を演出できるでしょう。

 

メンズの帽子の種類は様々あります、大きくハットとキャップタイプに分かれますが、大人っぽい雰囲気を演出するならハット、カジュアルを前面に出すならキャップが良いでしょう。

 

ただし、それぞれ形状が異なるため、使い回しは難しい場合もあります。

 

ハットタイプの定番は中折れ帽子です。

 

ジャケットやベストなどのフォーマルなスタイリングに合わせやすく、カラーバリエーションも豊富にあります。

 

他にもボーラーやチロリアンハットのように、ジャケットなどと組み合わせやすく、かつカジュアルな雰囲気を演出できる帽子もおすすめです。

 

カーディガンと合わせても良いでしょう。

 

キャップタイプのものは、キャスケットやハンチング帽が使いやすさに優れます。

 

キャスケットは作業帽に似た形状で、つばが広く、深く被れる点が特徴です。

 

パーカーやシャツなど、カジュアルなスタイリングに向いています。

 

ハンチング帽はトラディショナルな雰囲気が特徴で、ジャケットやコートのように、カッチリとしたアイテムとの相性が良い帽子です。

 

一方で、グラフィックTシャツなどとの組み合わせもできます。

 

当サイトで人気のセレクトショップはこちら!