メンズファッションベスト

30代男のためのキレイめカジュアルメンズファッション

MENU

ベストを着こなすメンズファッション

 ベストというアイテムはメンズファッションの中でも難しいアイテムのひとつです。

 

 ベストはすなわち「チョッキ」です。

 

 スーツの下に着るようなイメージ、タクシーの運転手が着用しているようなイメージが強いですので、どうしてもカジュアルな着こなしには難しく感じてしまうのです。

 

 ですが、クールに着こなすモード系の派生ファッションであれば、上手に着こなせばひと味違った雰囲気を演出することができます。

 

 ベストは春先や秋口、長袖のインナーを着用し、アウターはどちらでもいいというシーンで主に着用するといいものです。

 

 シンプルなコーディートを考えれば、黒のスリムなボトム、白のシャツ、その上に黒のベスト、さらにハットなどを合わせれば、シックな装いの完成です。

 

 体型に自信のある方は、ベストで身体のラインを強調することでよりスリムな印象を与えることができます。

 

 最近のベストにはチェーンや金具の小物が装着されている場合も多く、そのようなアイテムであればシックの中にもちょっとしたアクセントがある、ということを演出することができます。

 

 ただ、毎日ベストを着用するわけにもいきませんし、プライベートシーンで白いシャツを着こなす機会もなかなかありませんから、トータルコーディネートとして、インナーとともに購入するのが無難です。

 

 長袖Tシャツなどでもコーディネートはできますが、まずは合わせて、カタチとデザインがしっくりくるのかどうかということを確かめてから購入してください。

ベストの色々メンズの着こなしのためのアレコレ

ベストは特にメンズにとってはファッションの幅が広がるアイテムです。

 

また、ファッションはアクセントが大切ですが、ベストによって着こなしにアクセントを加えることができるでしょう。

 

ベストと言っても素材や形の種類は色々です。

 

フォーマルなスーツ用のベストは基本的にスーツ系に合わせる必要があります。

 

ニット製ベストは、柔らかくカジュアルな雰囲気に見せることができます。

 

フォーマルなスーツの下に寒いから仕方なくニットのベストを着ている人がいますが、合せ方によっては、とても良く見え、カチッとしたスタイルでもそこに柔らかいさ、カジュアルさをミックスできます。

 

より柔らかさを見せるためにはざっくり編んだハイゲージのニットが良いです。

 

カジュアルすぎてフォーマルなスタイルに合わない場合は、ローゲージのニットでスタイリッシュにすることができます。

 

パーカーが付いたベストは、スポーツ系の雰囲気を演出できます。

 

フォーマルなスタイルにパーカーベストを合わせてアクセントを入れると、セミフォーマルな感じになります。

 

ダウンのベストはもはや防寒具の部類になるかと思います。ダウンベストは極寒でもない限り、一番上に着るようになります。

 

ですので、その下に着るもののチョイスがとても大切です。

 

完全にフォーマルなスーツの上に着る等は違和感がありすぎるので、一般の人には無理な着合わせなので、スーツの上にダウンベストを着るのだけはやめて方が良いです。

 

その他であれば、大概の場合、どんなスタイルにも合うのがダウンベストです。

 

ベストを着るには、ボトムス選びも重要ですね。

 

チノパンやジーンズ等に合うのは、パーカベストやダウンベストです。

 

フォーマルスーツに合うのは当然スーツ用ベストですが、ローゲージであればニット製のベストも合います。

 

また、カジュアルでもフォーマルでも色々なボトムスに合うのがニット製のベストです。

 

ベストの着こなしは幅が広く、ポイントさえ押されれば、どんなスタイルでも合わせやすいです。

 

先ほど上げたスーツの上にダウンベストのようなやっては駄目なものさえ抑えれば、幅広く使えるのがベストだと思います。

 

当サイトで人気のセレクトショップはこちら!