白シャツコーディネートメンズ

30代男のためのキレイめカジュアルメンズファッション

MENU

キレイめにするなら白シャツでコーディネート@メンズ

 白いシャツというのは仕事でも着ているし、あえてプライベートシーンでも着用するのは少し嫌だ、と感じている方も多いですが、実はキレイめのコーディネートにはこの白シャツは欠かせません。

 

 ホワイトというのは清潔感や清楚なイメージを人に与えます。

 

 そのため、礼を必要とするビジネスシーンやフォーマルシーンで多用されることも多いのですが、カジュアルシーンでもコーディネート次第ではとてもいいカラーです。

 

 メンズのキレイめコーディネートで失敗しないのはモノトーンの配色です。

 

 例えば、帽子を黒、インナーは白シャツ、ジャケットとボトムが黒、シューズも黒というコーディネートは定番のひとつですが、そのなかで一番大切なのは白シャツです。

 

 インナーが白であるからこそ、他の黒い部分が際立つのです。

 

 スタイリッシュにキメたい方は、白シャツは何点か揃えておくべきです。

 

 ただ、大前提として意識しておきたいのは、仕事で着用するようなワイシャツではないということです。

 

 タックインしないのが大前提ですから、その点だけはよくよく注意してください。

 

 タックインしないということは、肩から裾までのラインは重力に従うということになってしまいますから、身体のラインを大切にするのであれば、脇から下が絞られているものを選んでください。

 

 また、腰を見せることでスリムなイメージが強調されますから、なるべく丈の短いものが良いです。

 

 ベストであればシャツが下にはみ出るのは構わないのですが、ジャケットよりも長いのはいただけません。

メンズの白シャツでワンランク上のコーデを

シャツはメンズの定番アイテムの一つです。

 

チェック柄やストライプ、水玉のような柄物もある一方で、無地のシンプルなシャツもあります。

 

柄や色、素材や丈などを含めると、種類は数え切れないほど存在するでしょう。

 

その日の気分に合わせてシャツを選び、スタイリングを決めることも可能です。

 

定番アイテムであるため、どんなスタイリングにも合わせやすく、持っておいて損はないと言えるでしょう。

 

しかし、きれい目のコーデを念頭に置くと、柄物や無地でも少々使いにくい場合があります。

 

逆にシャツのせいでコーデが浮いてしまうこともありますので、使い回しと合わせやすさを考慮するなら、白シャツを選ぶのが良いでしょう。

 

白系のシャツは非常にシンプルで面白味に欠けると感じる方もいますが、シンプルだからこそ、様々なコーデに合わせられるのです。

 

一般的な合わせ方としては、シャツ+ジャケット、またはベストが挙げられます。

 

きれい目の定番コーデで、ボトムを細目のものにすればシンプルになります。

 

逆にカーゴパンツのようなミリタリー系を合わせると着崩せますし、クロップドパンツで少々カジュアルにすることもできます。

 

白シャツとこれらのアイテムの組み合わせは相性が良く、迷った際のコーデにおすすめです。

 

羽織としても使えます。例えばTシャツの上から羽織れば、派手なグラフィックであっても全体のトーンを落ち着かせる効果があります。

 

Tシャツできれい目コーディネートを試したい方は、一度合わせてみましょう。

 

無地のカットソーと白シャツの組み合わせでもシンプルなコーデが完成します。

 

また、白シャツの上からパーカーを羽織り、カジュアル色を強くしたり、Tシャツの中に着込み、首もとから襟を出してみたりと、使い方次第でコーデの幅が広がります。

 

ただし、白シャツの素材によってイメージが大きく変わりますので注意しましょう。

 

例えば化学繊維(ポリエステルなど)と綿(シャンブレー・オックスフォードなど)では、使い方も少し異なったものになります。

 

当サイトで人気のセレクトショップはこちら!