春カジュアルメンズファッション

30代男のためのキレイめカジュアルメンズファッション

MENU

春のカジュアルメンズファッションのポイント

春のカジュアルメンズファッションのポイントは、アウターとインナーを上手に組み合わせることです。

 

春の着こなしのポイントをしっかり頭に入れておくと、秋の着こなしにも応用することができますよ。

 

素材はやや異なるケースもありますが、組み合わせ方は春も秋も一緒なんです。

 

メンズファッションを上手に着こなしたいのであれば、ぜひカジュアルメンズファッションのポイントを覚えて下さいね。

 

春の着こなしでは、アウターをコートにするか、ジャケットにするかで悩みますね。

 

すでにウールのコートは着なくなっていますが、コットンや化繊のコートがあると非常に使い勝手があります。

 

洋服の数をあまり増やしたくない場合は、スーツにもカジュアルにも利用できる、ステンカラータイプを選ぶといいでしょう。

 

明るいベージュやマスタードを選べば、カジュアルなファッションでも着こなしやすいですよ。

 

ジャケットにする場合は、春らしい一枚仕立てを選ぶのが正解です。気軽に羽織ることができ、ジーンズにもぴったりです。

 

春のカジュアルメンズファッションでは、インナーも意外に重要なアイテムになります。

 

ボタンダウンシャツは、オフィスシーンにもカジュアルシーンにも使えるスグレモノです。

 

ドレスシャツよりも応用がきくので、組み合わせに困った時はボタンダウンシャツにするといいでしょう。

 

また、チェックや花柄のプリントシャツを1枚持っておくと、平凡になりがちなカジュアルファッションのスパイスになります。

 

春の着こなしで押さえておきたいメンズファッションの基本

春になると徐々に気温が上昇し、ファッションも春物へと替わってゆきます。

 

それに合わせて着こなしも変化させる必要がありますが、難しいと考えている方も多いのではないでしょうか。

 

きれい目のメンズファッションで重要なことは、スタイリングが重くなり過ぎないように意識することです。

 

基本中の基本であり、カラーリング・シルエット共に気を使う必要があります。

 

カラーリングは全体のバランスが重要ですが、トーンを統一せず、メリハリを付けることが重要です。

 

例えばトップスにパステル系のカラーを取り入れた場合、ボトムやアウター・羽織はダーク系トーンのカラーのものを使うなど、色に変化を付けるようにしましょう。

 

春は明るめで淡いカラーのアイテムが多くなりますが、同じトーンで固めてしまうと、全体のスタイリングがぼやけてしまいます。

 

また、シルエットにも影響を与えますので、メリハリが重要です。

 

原色を活用する方法もありますが、逆に主張が強くなり過ぎ、浮いてしまうおそれがあるため、メインカラーにすることは避けましょう。

 

春のメンズファッションでは羽織系が多くなります。

 

きれい目でラフなスタイリングならパーカーやカーディガン、ネルシャツを、全体を引き締めるならベストやジレ、ストライプやドットのシャツを活用しましょう。

 

複数の羽織を組み合わせる方法もあります。

 

例えばシャツ+ジレにスキニーデニムを合わせると、全体的にカッチリとしたきれい目コーディネートになります。

 

逆に無地パーカーの上からカーディガンを羽織ることで、少し着崩したカジュアルなスタイリングに変化します。

 

ボトムス選びも重要です。

 

通常はトップスに合わせて選びますが、ボトムを先にチョイスし、それからトップスを選んでコーディネートを組み立てるのも良いでしょう。

 

ただし、シルエットに気を使う必要があります。

 

きれい目のコーディネートにはデニムやカーゴパンツが定番ですが、少し着崩したい場合はチノも候補になります。

 

当サイトで人気のセレクトショップはこちら!