メンズファッション春靴

30代男のためのキレイめカジュアルメンズファッション

MENU

メンズファッション@春の靴選び

メンズファッションの重要な鍵となるのが靴。

 

いくらアウターやトップスを頑張ってオシャレしても靴がださいスニーカーだったり、仕事で使っている革靴をプライベートでも流用していたりするようでは全体の印象が台無しです。

 

ではメンズファッションにおける春の靴選びではどのような点に注意すればよいのでしょうか。

 

高価な革靴を購入するのがもっとも無難で理想的な選択肢となりますが、経済的な事情でなかなかそれが難しいという人も多いでしょう。

 

もっとも基本的な靴選びのコツは「無難な色を選ぶこと」。

 

そうすることでどんな服のコーディネートにも合わせることができます。

 

ただブラックでは存在感がなさすぎる、という場合にはやや明るめのブラウン系統を選ぶとよいでしょう。

 

また、春先の場合は爽快感がコーディネートのポイント。

 

あえて明るい色の靴を選ぶ方法もあります。

 

ベージュ系かグリーン系がオススメ。

 

ここでもあまり派手すぎると服とのコーディネートが難しくなるので注意しましょう。

 

春の靴選びではブーツか、スニーカーかの選択も出てきます。

 

大人の男性なら基本はブーツですが、春の爽やかさや躍動感を演出し、活動的な印象を与えたい場合にはスニーカーもひとつの選択肢。

 

スニーカーはカーディガンやパーカーとの相性が良好です。

 

スニーカーの場合はホワイトなどシンプルなカラーが基本、柄もあまり目立たないものがよいでしょう。

 

ブーツはデザートブーツがオススメです。

 

基本は汎用性が高く、無難なものを選ぶ。

 

それに加えてもう1足、自分が追求したいメンズファッションのスタイルに合ったものを揃えておくとよさそうです。

春のおしゃれは足下から!メンズの靴の選び方

コーディネートを考えるとき、トップスやボトムだけこだわっていないでしょうか?

 

確かにトータルコーディネートを考える上で、どちらも欠かせないアイテムと言えるでしょう。

 

しかし、メンズのファッションでそれ以上にこだわるべきなのが靴なのです。

 

トップスやボトムが完璧だったとしても、足下が合っていなければ、それだけでファッションの統一感が無くなってしまいます。

 

おしゃれは足下からと言われるように、ボロボロな靴を使い回している方は、春に合わせて新しい靴を購入してみましょう。

 

冬に比べ、春はカラーリングが軽くなりがちなため、コーディネートに合わせて靴を選ぶ必要があります。

 

ただし、種類は非常に多く、カッチリと堅めのスタイリングにするかか、少しカジュアルにするかによって選び方が変わります。

 

最初に足下を決め、それに合わせて服を選んでも良いでしょう。

 

メンズの定番はローファーですが、素材によって印象が大きく変わります。

 

例えばレザーはトラディショナルなスタイリングに向いている一方、エナメル素材のものはカジュアルな雰囲気を演出できます。

 

きれい目カジュアルなら、キャンバス地のスニーカーも候補になるでしょう。

 

一例ですが、トップスはシャツとジャケット、ボトムはシルエットが細目のデニムを合わせ、キャンバスのスニーカーをチョイスすれば、全体的にきれい目カジュアルの雰囲気となります。

 

逆にレザーのシューズを選ぶと、ドレッシーなスタイリングに早変わりです。

 

カジュアル色を強めたい場合はスニーカーが良いでしょう。

 

ローカット・ハイカットがありますが、足下のインパクトを高めたい方はハイカットを、さりげなく演出したい場合はローカットが向いています。

 

トップスとボトムはシンプルなコーディネートにし、スニーカーはスケーター系のハイカットを選ぶなど、ワンランク上のきれい目カジュアルなスタイリングにすることもできます。

 

靴一つでイメージは様変わりしますので、慎重に選んでみましょう。

 

当サイトで人気のセレクトショップはこちら!