メンズファッション春おしゃれ

30代男のためのキレイめカジュアルメンズファッション

MENU

メンズファッション@春のおしゃれはコレ!

春のメンズファッションを彩るためのポイントは「シンプル」です。

 

明るく華やかな印象がある春だけにどうしても派手なファッションを心がけてしまうものですが、大人のメンズファッションとなるとやはり落ち着いた印象も大事ですし、表面の派手さに頼らないセンスのよさも大事です。

 

また30歳前後の男性ともなれば清潔感やスマートな印象も心がけたいところ。春だからこそ、この2つのポイントを強調することが大事になってくるのです。

 

春のおしゃれファッションとして一押しなのがカーディガン。

 

暖かさを増す4月頃のメンズファッションとしてオススメです。

 

どこへ行くにも着ていける汎用性の高さもありますし、何よりも清潔感が魅力です。

 

カラーは濃いブルー系がオススメ。明るすぎず、かといって暗すぎず、大人の魅力を引き立ててくれます。

 

下に着るシャツはホワイトがベスト。もう少しカジュアルにしたい場合にはベージュ系がよいでしょう。

 

それからベスト。

 

こちらは肌寒さが残る季節に役立つおしゃれアイテムです。

 

春のメンズファッションでもっとも避けなければならないのは厚手のコートやジャケットを着続けてしまうこと。

 

どうしても野暮ったい印象を与えます。

 

そこで肌寒い日は軽めのコート、ジャケットの下にベストを着ることで全体の軽さと防寒性を両立させることができます。

 

ベストはスタイリッシュなイメージをもたらすアイテムですから、春のおしゃれにもピッタリ。こうしたシンプルで好印象を与えられるアイテムをうまく活かして春のメンズファッションを工夫してみましょう。

春こそおしゃれ!メンズのファッションで気を付けたいこと

春になると、冬のやや重たいファッションとは打って変わって、明るめのカラーリングや軽めの羽織・アウターがメインになります。

 

季節柄もありますが、メンズのファッションにおいても、明るめ・軽めを意識してスタイリングしていくことになるでしょう。

 

しかし、一歩間違えると季節を外れたコーデになってしまうこともあります。

 

春はコーデを決めるのが難しい時期ですが、春らしさをしっかり意識してアイテムを選ぶことが重要です。

 

まず気を付けたいポイントはカラーのチョイスです。

 

冬物をそのまま流用してはいないでしょうか。

 

冬のアイテムは全体的に重め(ダーク系)であり、ブラウンやネイビー、ブラックなどのカラーが定番となります。

 

一方の春は、パステル系を始めとして、一気に明るい色合いが主軸となりますので、なるべく流用は避け、明るさを意識していくようにしましょう。

 

もし冬物を活用する場合、ワンポイントに取り入れるなど、全体が重くならないよう考えることが大切です。

 

素材にも注意してみましょう。

 

冬はツイードやニット、ウールのように、厚めで重厚感ある素材が流行します。

 

しかし春はどうでしょうか。

 

ポリエステルや綿、麻との混合繊維など、通気性が高く、季節感を前面に出した素材が主流になります。

 

布地の厚さも控えめで、薄手のアイテムが増えます。

 

例えば、アウターに防寒性能が高いピーコートを選ぶなら、薄くて軽いスプリングコートやジャケットにすると良いでしょう。

 

春はベーシックな無地のアイテムから柄物まで、様々なアイテムが活躍する時期です。

 

まずはファッションのテーマを決め、それに合わせて無地や柄物を取り入れていきましょう。

 

柄に柄を合わせる方法もありますが、少々重くなる可能性があります。

 

柄の大きさを変える(千鳥格子とタータンチェックなど)か、無地に柄物を合わせるなど、工夫することをおすすめします。

 

無地同士でコーデする場合、色にメリハリを付けることを意識しましょう。

 

同系色同士では、おしゃれに決めたつもりが、逆に浮いてしまうおそれがあります。

 

当サイトで人気のセレクトショップはこちら!