メンズファッション冬色

2014年冬のメンズファッション、今年の流行色

MENU

2014年冬のメンズファッション、今年の流行色

ファッションニュースなどで「今年の流行色」というフレーズがよく聞かれますが、日本のメンズファッション界においての流行色は、日本流行色協会によって制定され、発表されています。

 

メンズファッションにおける2014年冬の流行色は、テーマが「テイスティング(利き酒)」とされています。

 

色味のコンセプトにはクラシックやトラッドなどの安心感のあるスタイルをベースに、2013年の秋冬で流行したヨーロッパを思わせるシックなカラーを引き継ぎながら、4つのタイプのカラーグループが指定されています。

 

第一のグループがブラック。

 

基本カラーはブラックで、グロスタイプとマットタイプがベースとなっています。

 

色味を排したモノトーンなグループで、花の咲き乱れる色鮮やかな春を待つ冬の大地をイメージしています。

 

第二のグループはチャコールベース。

 

基本色はチャコールグレーで、そこに秋の紅葉を思わせる落ち着きとあでやかさのあるカラーが集まっています。

 

アースカラーにも通じるグループで、2014年冬のファッションテーマでもあるスポーティスタイルにも活用されるカラーとなっています。

 

続く第三のグループはキャメルベースです。

 

渋みのあるキャメルを基本カラーとし、鉱石の色合いのような北欧的な色合いのグループになっています。

 

シックなカラーとも言えますので、ラグジュアリーやトラッドなどのスタイルで活用されるカラーグループです。

 

そして最後のグループがネイビーベースです。

 

メインカラーのネイビーやオリーブグリーンにオレンジなどのビビッドなカラーを配し、4つのグループの中でもっともエッジの効いた配色となっています。

 

当サイトで人気のセレクトショップはこちら!