男の秋服

男の秋服の基本と注意点

MENU

男の秋服の基本と注意点

夏が終わり秋になると、世間全体が全く違った雰囲気に包まれるようになります。

 

季節の変わり目がはっきりとしている日本ならではの良さですので、ファッションもその良さを楽しめるような工夫をするようにしましょう。

 

男の秋服は、場合によって難しいチョイスとなることがありますので、ファッションの基本を押さえて良いイメージを与えられるようにしましょう。

 

まず、季節に合ったカラーチョイスをすることが大事です。

 

夏は白や原色をメインとした明るいイメージを与える服を選ぶのが基本となりますが、そのイメージを引きずったままでいると、周りから浮いてしまいます。

 

秋はやはり落ち着いた色をチョイスするのが基本となります。

 

具体的にはブラックかブラウンとなります。

 

もちろん、いつの季節でもさわやかで清潔感を与えるホワイトは使えるカラーですが、秋の季節は白をメインにしてしまうと寒々とした印象を与えてしまいます。

 

そのため、シャツはホワイトでも、その上にブラック系のジャケットを羽織るなどして、あくまでメインは落ち着いたカラーにするということが重要です。

 

そして、男の秋服で注意すべき点は、着ぶくれしないようにするということです。

 

秋になるとアウターを羽織る機会が増えてきますが、厚みのあり過ぎる服だったり、何枚も重ね着をしたりすると、厚ぼったく見えてしまい、スマートさに欠けてしまいます。

 

必要性から多くの人が何枚も重ね着をしている冬であれば、周囲の環境に合いますのでさほど問題にはなりませんが、秋の場合は厚ぼったい印象を与えると、周りから浮いてしまいます。

 

あくまでスマートさを失わないように注意する必要があるのです。

 

また、男の秋服は下手をすると無難な線でまとめてしまいがちになります。

 

黒、茶系などのカラーは定番で着こなしやすいのですが、反面で個性がなくなってしまうということもあります。

 

デザインやフォルムにこだわる、アクセサリーなどのワンポイントに工夫を凝らすなど、ちょっとしたところで構いませんので、自分のこだわりを入れるようにしましょう。

 

当サイトで人気のセレクトショップはこちら!