秋ファッションキレイめ系

キレイめ系の秋ファッションで注意すべきこと

MENU

キレイめ系の秋ファッションで注意すべきこと

秋のファッションは、夏に比べると材質が厚くなりますし、重ね着の枚数が増えますので、全体的に服のボリュームが出てきます。

 

かなり体系がスマートな人であれば、それほど大きな影響はありませんが、たいていの人は服の厚みが増す分スマートさが欠けてしまうことになります。

 

キレイめ系のファッションをテーマにしている場合であれば、このスマートさというのはとても重要なポイントですので、ダボッとした感じをなるべく避けるようにしたいものです。

 

そのため、まず材質選びに気をつけるようにしましょう。

 

秋物の服は起毛生地やモコっとした厚みのあるセーターが増えてきます。

 

もちろん、こうした生地は秋のファッションには欠かせないもので、おしゃれに着こなすのに有効ですが、キレイめ系ファッションには合わないことがあります。

 

全体的に服のボリューム感を増してしまうことが多いからです。

 

それで、細めの糸を使用したセーターやツルっとした質感のアウターを選ぶようにして、スマートな雰囲気を材質によってアピールできるようにしましょう。

 

また、色の選び方も重要です。

 

明るい色や白をメインにしてしまうと、膨張色が前面に出てしまいますので、明るくてさわやかなイメージを与えることができるものの、スマートさに欠けてしまうことがあります。

 

もちろん、こうした色を使うのが間違いということではなく、あくまでメインカラーとはしないということがポイントです。

 

ブラックやグレーを基調として、ホワイトなどの明るい色はインナーに使用するのが無難でしょう。

 

インナーとして明るい色を着ることで、さわやかさを出すことができますし、同時に前面にあるブラックなどによって膨張感を抑えることができるようになります。

 

このように、同じ色使いでも、服の組み合わせによってだいぶ全体の雰囲気が変わりますので、注意して服をチョイスしましょう。

 

キレイめ系の秋ファッションは、こんな点に注意して着こなしていけば、季節に合ったスマートな雰囲気を出すことができるでしょう。

 

当サイトで人気のセレクトショップはこちら!