メンズファッション流行り秋

30代男のためのキレイめカジュアルメンズファッション

MENU

秋の流行のメンズファッションとは

レディースファッションほどではないにしろ、メンズファッションにも流行り廃りがあります。

 

前の年に流行ったスタイルだからといって次の年も安易に使用すると流行に鈍感な印象をもたれてしまいます。

 

では秋の流行のメンズファッションとはどのようなものなのでしょうか。

 

まず秋に流行る傾向を見てみましょう。

 

まず落ち着いたカラーが主体になること。

 

清涼感溢れる明るい夏のファッションから一転して落ち着いた、大人びたカラーがメインとなります。

 

ワインレッドや濃い目のブルーなどがとくに人気の高いカラーです。

 

シャツとアウターであまりカラーのコントラストをつけないのも秋の着こなしのポイントとなります。

 

全体的には抑え目ながらきちんと自己主張ができる。

 

そのためには流行をそのままなぞるのではなく、自分に合ったカラーを見つけ出すことも必要です。

 

それから重ね着。重ね着でどれだけセンスを発揮できるかもメンズファッションの要。

 

秋の流行といえばカーディガンとパーカー。

 

今年の秋もこの2つが流行りのキーポイントとなりそうです。

 

どちらも若々しさを演出できるアイテムですが、ちょっと「可愛い」テイストを取り込んだキレイめ系スタイルや、シャツとうまく組み合わせたワイルドなスタイルをうまくアピールすると女子ウケがよさそうです。

 

こうしてみると秋のメンズファッションは基本的な部分をしっかりと踏まえつつ、その年の流行をうまく取り込んで個性をアピールすることが大事だとわかります。

 

まずは基本を身につけ、そのうえで流行をチェックしていくようにしましょう。

メンズ流行ファッション秋を押さえつつ個性を出す

メンズ流行ファッション秋物では、ダーク系カラーをメインとした服が多くなります。

 

また、重ね着が基本となりますので、材質の組み合わせや色の組み合わせを考えることが重要となります。

 

全体としては抑えめの色とフォルムが秋のメンズファッションの流行となりますので、その基本を押さえながらも自分らしい個性を主張しなければなりません。

 

たとえば、秋物には帽子の選択肢が増えてきます。

 

夏は気候のせいで、それほどいろいろな種類の帽子を選ぶことができません。

 

しかし、秋となると、色も形状もたくさんの帽子が出てきますので、自分の好みと目指すファッションの方向によって工夫を凝らすことができます。

 

帽子はファッション全体の中では小さなアイテムですが、バリエーションがかなり豊かな上、ちょっとした違いで雰囲気の差を出すことができるというメリットがあります。

 

ニット帽とフェルト生地のものでは、同じようなフォルムであっても、かなりそのスマートさやカジュアルさに違いが出てきます。

 

また、同じ黒系の帽子でも、完全なブラックとグレーという違いだけでも、与える印象には大きな違いが出てきます。

 

帽子が与える印象の違いは大きく、アウターの色の違いよりも、帽子の色の違いの方が全体に与える影響は大きいのです。

 

それで、秋の流行は抑えつつも、他とは異なる印象を与えるためにも、帽子のバリエーションを増やしてみるのも良いでしょう。

 

また、重ね着の効果を上手に利用することも、流行を押さえながらも自分らしさを出すポイントとなります。

 

秋の流行は基本的に、色の系統を全体で変えてしまわないことです。基本は彩度の低いもので統一することになります。

 

しかし、彩度を押さえながらも、黒と濃いパーパル色を組み合わせる、ブラウンのアウターを少し濃い目にして、インナーを濃いワインレッドにするなどの重ね着の組み合わせができます。

 

このように、色の濃さを合わせて重ね着をすれば、色の組み合わせが少なくなる秋のファッションにもバリエーションを持たせることができます。

 

こうした工夫は周りの人から見ても落ち着いた印象を与えつつも、個性を感じさせるものとなります。

 

当サイトで人気のセレクトショップはこちら!